木の看板(木製看板)をオーダー製作している工房。

木が温かく感じるのはこんな理由

木が温かく感じる。これって、ちゃんとした理由があります。

手でモノに触ったとき、冷たいか温かいを感じますよね。

金属や、コンクリートを触ったときに、冷たく感じるのは、
金属やコンクリートが、皮膚体温を奪うからですね。

雨が、上から降ってくるように、熱も、温度の高いほうから、低いほうへ流れていきます。

で、
金属やコンクリートは、熱を伝えやすいんですね。
触ったとき、皮膚から金属やコンクリートに、熱が移っていくため、冷たく感じるんです。
これを、金属は熱伝導率が高いと言います。

で、

木が温かく感じられるのは

木が熱を伝えにくいからです。

木が熱を伝えにくいのは、木の細胞に空気が詰まっていて、
それが断熱材の役割を果たしているからなんですね。

寒くなると、セーターを着たり、ジャンパーを羽織ったりしますよね。これも同じなんですね。

いってみりゃ、空気の層を着て、熱が逃げるのを、押さえているんですね。

熱を伝えにくいという木の特徴は、
なにげない普段の生活の中でも利用されていますよね。

たとえば、

フライパン、やかんの取っ手。味噌汁のおわん。なんかに使われる木は、
熱すぎる熱から皮膚を守る役目を果たします。

なので、木は、温かく感じるんですね。

という、木はなんで、温かく感じられるかでした。

■木製看板の製作はお気軽にご相談ください。

↑ PAGE TOP