木の看板(木製看板)をオーダー製作している工房。

木の耐久性について。

形あるものは必ず、いつかは壊れます。
それが3年先か、木造建築で最古、法隆寺のように1400年もの間、壊れないかですね。

いくら法隆寺でも、ほったらかしでは、1400年もの間、建っていないと思います。

立つことができない赤ん坊が立ち、話す。大人になり、老人へと日々変わっていくように。
人の耐久性(健康維持)を少しでも長持ちさせるのも、メンテナンス次第だと思います。

木の耐久性についてですが、

木は元々、屋外に生えております。だから本当は屋外に強いんです。

でも、製材しますと、木肌がむき出しになり無防備になります。
だから、どんな高価な銘木と呼ばれる木でも、保護無しで置きっ放しにしておくと
痛むのが早いです。

保護の方法は、2通りあります。

1.木の表面を一枚覆う。

ようするに、木へ直接雨などが当たらないように、ニスや塗料などで木の周りを覆う方法です。

2.木の内部へ浸透性の保護材を入れる。

たとえば、

トーテンポール

丸太
オリジナルトーテムポールを作らせていただいた時の写真です。

昔の電信柱です。おそらく30年~40年前の木柱だと思います。

直径、約50cmくらいありますが、矢印部分は、木材保護のため
コールタールが染み込んでいる状態です。

カットした部分は昔のままの状態で、なんの支障もなく彫刻できました。

2通りの木材保護のはなしでした。

■木製看板の製作はお気軽にご相談ください。

↑ PAGE TOP