木の看板(木製看板)をオーダー製作している工房。

木が香る理由 

木が香る理由 

木が香るのは、木材の中にある精油成分のためです。

この精油成分は、木の種類によって含まれる量が異なります。
なので、木の種類によって香りが違います。

精油成分は、いろんな作用があるんですよ。
たとえば、ウエスタンレッドシダーの属するヒノキ科には抗菌作用があります。
このほか防蟻、防ダニ作用があります。また、クスノキの防虫作用はよく知られています。
タンスなどに入れる 樟脳(しょうのう)。

ヒノキにはカンフエン、α-ピネンなどのモノテルペンのほか、
カジノール、ヒノキオールなどのセスキテルペン類が多く含まれています。

ヒノキの抗菌作用はこれらテルペン類の効果によるものです。

さらに、ヒノキ材に含まれる成分には、
ダニに対する繁殖抑制効果があることが知られています。

なので、最近のシックハウス症候群やアトピーで悩まされている人たちにも人気があります。

また、ヒバには抗菌性をもつ精油成分ヒノキチオールが含まれており、
シロアリに強いのはヒノキチオールやセスキテルペン類によるものです。

マウスにヒノキの香りをかがしたとき、
適度な濃度において、運動量が増加する事が確かめられました。

木の香りがいらいらを抑えリラックスした状態を作りだすことも明らかにされています。
また、香り成分を取り出して、芳香剤や入浴剤、さらに防かび剤、殺ダニ剤などにも
積極的に利用されるようになっています。

追伸

工房七瀬は、いつも木たちに囲まれています。
なので、工房を訪れてくださったお客さんから
「なぜかリラックスした。」とか「なんか落ち着く」などなどの言葉をいただきます。
ありがたいことです。
近くに来た際はどうぞお気軽によってください。

■木製看板の製作はお気軽にご相談ください。

↑ PAGE TOP