木の看板(木製看板)をオーダー製作している工房。

看板によく使う木

当工房ではケヤキ材、ヒノキ材、杉材を使っています。

看板に使う木

欅(ケヤキ)材

当工房でよく使う看板の材料は、ケヤキの板です。

美しい木目が魅力的で、赤と白のコントラストなども楽しめる材料です。

ケヤキはニレ科の落葉広葉樹です。

呼び名の由来は「けだかき(気高き)木」、「けやけき(きわだった)木」などといわれ、
強靭な強木(つよき)であることから平安時代ごろには「槻(つき)」
とも呼ばれていました。

北海道を除く日本各地に分布しており、寺社の境内などに植えられて
御神木として崇められているものも多いです。

材質は堅牢で粘りがあるため、寺社仏閣建築などで多く使われています。
高級建材としても知られる日本を代表する銘木です。
美しい木目が魅力的で、赤と白のコントラストなども楽しめる材料です。

サイズが小さくてもズシっと重みがあり硬いです。

木理が明瞭で美しいこと、強度が大きいこと、耐朽性があることの3拍子がそろっているので、
わが国 の広葉樹材では第1番の良材です。

ご相談はお気軽にどうぞ

↑ PAGE TOP