木製看板の製作工房七瀬

木製の看板に使う木の種類

当工房では木製看板の材料としてケヤキ材、ヒノキ材、スギ材をおもに使っています。
木製看板に使う材料のけやき

注文があれば他の木材も使います。なかでもケヤキとヒノキを材料として使う率が高いです。
その理由は日本の気候に合っていると思いますから。もちろん日本産の木です。

欅(ケヤキ)材

当工房でよく使う木製看板の材料は、ケヤキの板です。

ケヤキ板の特徴は、美しい木目です。木目がはっきりしています。
この木目は魅力的で、赤と白のコントラストなども楽しめる材料です。
文字を彫った時、スパっと切れる。そんな手ごたえがあります。

ケヤキはニレ科の落葉広葉樹です。

呼び名の由来は「けだかき(気高き)木」、「けやけき(きわだった)木」などといわれ、
強靭な強木(つよき)であることから平安時代ごろには「槻(つき)」
とも呼ばれていたそうです。

北海道を除く日本各地に分布しており、寺社の境内などに植えられて
御神木として崇められているものも多いです。

材質は堅牢で粘りがあるため、寺社仏閣建築などで多く使われています。
高級建材としても知られる日本を代表する銘木です。

サイズが小さくてもズシっと重みがありヒノキやスギと比べると硬いです。
工房七瀬の木製看板作りでは第1番の良材です。

ヒノキ板

ヒノキ材はケヤキに比べると柔らかいです。でも、もちがいい材です。
法隆寺はヒノキで作られていますね。伐採、木を切ってから長年強度があります。
ヒノキ材は幅の広いものが少ないです。幅の広い材があっても節が有るとか。
だから材料を探すのが大変なんです。

ヒノキは良い香りがします。
長年経っていても削ったり彫ったりするとよい香りがします。
ヒノキは耐久性や保存性が世界最高レベルといわれています。

日本書紀には「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に」と書かれているようです。
「ひのき」という名の由来を調べると2つの説がありました。
「火の木」の意味で、古代に火おこしに使われたという説。
それから、尊く最高のものを表す「日」をとって、「日の木」という説もあります。

木製看板のご相談はお気軽にどうぞ

↑ PAGE TOP