木製看板の耐久性は?

このページは木製看板の耐久性について実例をもとに書いています。

ただし、すべての木製看板がこのような耐久性だと限らないことをご了承下さい。

木製看板の耐久性は設置場所や材料に大きく左右されますが、このような実例もあります。

50年以上掲げられ続ける実例

下記は合気道本部道場の看板。 昭和43年(1968)今から50年以上前に墨で書き取り付けられました

50年以上使った合気道場の看板
修復中の木製看板
修復後の合気道場木製看板

50年以上経ち文字が消えかかり、板も割れてきた。なので新しく作ることも考えられたそうです。

でも「板と書には歴史と愛着がある」「なるべくそのまま活用」したい ということで、板を削り直し、文字を彫刻し、修復させていただきました。

50年以上とはかなりの耐久性がありますね。

35年以上前の木製看板

下の画像は秋田県の二ツ井パネル様からの依頼で、修復させていただいた事例です。

秋田県の二ツ井パネル様は、祖父が創業した会社で、35年以上前に彫師に手彫りを入れてもらったものとのことです。

35年使った木製看板の裏面あく抜き
看板のひび割れ修理

文字の彫刻が終わり、下地付け、中塗り塗装です。

木製看板の完成です

秋田県まで発送。 木製看板の取り付け写真を送ってくださいました

35年以上前に作ったとは、かなりの耐久性があるものですね。

まとめ

木製看板はかなりの年数持つことがわかりました。

また木製看板は板を削り直すことができます。
そして消えかかっていた文字も彫刻すれば復活します。

ただし、すべての木製看板がこのような耐久性だと限らないことをご了承下さい。

木製看板の耐久性は設置場所と木の板のどの部分を使うかによって大きく差が出ます。

木製看板は、自然の風合いを活かした美しい看板です。
また、耐久性も高いため、長く使用することができます。
メンテナンスを定期的に行うことで、より長持ちさせることができます。

木製看板は、温かみのある雰囲気で、お店や会社の顔として活躍します。
耐久性の高い木材を使用することで、長く愛用することができます。